前へ
次へ

学習塾には2種類あります

中学、高校と学年が進むと学ぶ内容も難しくなっていきますので、授業についていけない生徒も出てきます。
学校は集団授業ですので、理解できない生徒に合わせるのも難しく、自分で学ぶ必要が出てきます。
もともと理解できないことを独学でやっても効率が悪いので、専門の学習機関、学習塾や家庭教師を利用することになりますが、学習塾には大きく分けて2種類存在します。
学校と同じ授業形式の集団塾と、個別指導塾です。
どちらが優れているとはいえず、その生徒の向き不向きで選ぶことになりますが、学校の授業がわからない人は個別指導がおすすめです。
個別指導といっても家庭教師のようにマンツーマンのところは少なく、二人から三人程度の少数で学んでいくスタイルが一般的です。
集団形式と違って質問もしやすく、生徒ごとに違う教材、オリジナルテキストなどを使っていきますし、苦手な部分だけやるなど自分で学びたい項目を選ぶこともできるのが、一番大きなメリットです。

Page Top